別府駅前で異彩を放つ「ホテルはやし」でゾクゾクする宿泊体験

こちらが別府駅東口の真ん前にある「ビジネスホテルはやし」です。

ただならぬオーラが漂っていますね。

1F:フロント

こちらはフロントです。

エレベーターに乗って3階の部屋に向かいます。

エレベーター

3階には自販機があるみたいです。わかりやすい!

フロア案内も文字が大きめ。

ホテル「はやし」の文字がよく見るとちょっと怖いフォントです。

3F:自動販売機エリア

エレベーターを降りるとすぐ自動販売機エリアがありました。

ラインナップはこんな感じ。ビールの自販機、久しぶりに見ました。

ROOM:312号室

部屋に到着。

ベッドがひとつに椅子ひとつの、シンプルな造りです。

なぜここに!?

入り口の横にトイレットペーパーが置かれていました。

これがカギです。

カギのフォントは怖くない。

カーテンを開けると目の前は別府駅。

駅の明かりをぼんやり眺めるものオツですね。

絵が飾ってある壁。

テレビ周りです。

ティッシュはコンパクトサイズ。

展望風呂の利用を推奨しています。

温泉が出るユニットバスです。

7F:展望風呂

エレベーターで6階まで上がり、階段を上がって7階の展望風呂に向かいました。

脱衣場。

内線が黒電話なのが最高です。

貸し切り状態の大浴場。

少し熱めでしたが、いい湯でした。

別府の街並みが一望できます。

2F

風呂上りにホテル内を散策してみました。

2階に降り立った時点で、散策を後悔しはじめる筆者。底知れぬ何かを感じるものの、もう少し散策を続けてみます。

非常口の緑のライトだけで薄暗い空間をよく見ると、ポツンと2部屋ありました。

他の部屋から離れて2部屋だけあるのはなぜだろう……?深く考えてはいけないような、意味深さを感じます。

やばい、ヤバイ、ヤヴァイ、どうしようもなく怖くなってきた!!!!!

2階の奥に進もうとしましたが、暗すぎるし、あっちから誰か歩いてきたら怖すぎる!と思ってここで散策終了。

チキンの筆者には、これが限界でした。

4F

4階は2階と違って明かりがついている!それだけでちょっと安心。

女湯には4階から行きましょう。

5F

ぎゃぎゃぎゃ……5階はちょっと、タダならぬ妖気を漂わせています。

背筋が一瞬冷たくなりました。

天井が剥がれています。

危ないので近づかないようにしましょう。

まとめ

少し建物の老朽化がありますが、格安だし、駅前だし、細かいことを気にしなければ快適なホテルでした。

ビジネスホテルはやし

住所 大分県別府市駅前本町3-5
電話番号 0977-24-2211
チェックイン 16:00
チェックアウト 10:00
駐車場 あり(50台)

この記事を書いた人
宮川 マロ

カメラマンをしております。20代の大半はバックパッカーをしていました。放浪癖があります。30代男性です。よろしくお願いします。
https://www.instagram.com/malo_miyagawa/
旅手帳beppu←ここの写真も撮ってます
温泉ハイスタンダード←ここの写真も撮ってます