手が届きそうな臨場感!亀川夏まつりの花火大会

例年8月上旬に開催される「亀川夏まつり」。別府駅から二駅の亀川駅前から徒歩5分ほどの場所にある亀川漁港が祭り会場となり、祭りのラストには5000発の打ち上げ花火が夜空を彩ります。

花火が始まる20時に向けて、徐々に人が集まり始める祭り会場。たくさんの漁船が停泊する周りに露天が建ち並び、浴衣姿の人々で埋め尽くされる光景は圧巻です。

「口説き」と「地踊り」

18時30分からは、唸るような独特の「口説き」と力強い太鼓に合わせて踊る「地踊り」が披露されます。踊り自体は盆踊りみたいな感じですね。

 

2017年の亀川夏まつりは九州に台風が接近していたため、直前まで開催が危ぶまれていましたが、予定通りの時刻にスタートしました。

圧巻!至近距離で観る変わり種花火

亀川の花火大会のウリは、漁船が係留されている港のすぐそばの沖から打ち上げられる臨場感。ここまで至近距離で花火が観覧できる花火大会は、日本全国でもかなり珍しいのではなかろうかと思います。

観客のすぐそばで打ち上げる都合上、花火は全体的に小さめです。

個人的にツボだったのは、「しいたけ」の花火と「仮面ライダー」花火。

しいたけ

しいたけ花火

仮面ライダー

仮面ライダー花火

花火が上がるのは、20時〜21時の1時間。皆様もこの臨場感を体感しに、来年はぜひ亀川夏まつりへおいでください。

亀川夏祭り

亀川夏祭り
場所:亀川漁港
電話0977-66-5600
開催日時:8月5日 20:00~21:00

フジイサナエ

1977年大阪府生まれ。相棒のゆたさんとともに、バイクで国内の温泉をめぐりブログを執筆。現在は鉄輪温泉の老舗ホテルで大浴場の掃除をしつつ、ライターのようなこともしております。 ブログ→http://sanaefujii.com/