元遊郭を改装した情緒あふれる喫茶店「アホロートル」 

流川通りのスーパー「マルショク」から秋葉通り方面に歩き、少しだけ路地に入ると……
元遊郭だった建物を利用した喫茶店「アホロートル」があります。

「昭和の初めの夢幻燈 静かな時間のぬくもりを」
魅惑的なコピーの看板が目印です。

 色濃く残る遊郭の面影が魅惑的

風格のある佇まい。

中が全く見えないので不安になるかもしれませんが、大丈夫です。

扉を開けると薄暗く、間接照明が雰囲気を演出。

玄関で靴を脱ぎ、スリッパをはいてお邪魔します。

玄関でお出迎えしてくるお人形さん。

初めての訪問だと、どうすればいいんだ……?と迷いそうですが、案内に従いましょう。

階段を上ると、

お花。

どことなく郷愁を誘うディスプレイ。

この日は、洋室にご案内いただきました。

「今日は寒いけん、使ってね。」

と膝掛けを渡してくれる心遣いが嬉しい限り。

掛け軸やお花、絵がいたるところに飾られていています。

窓の外は強風ですが、ストーブとひざ掛けであたたかでした。

昔をほうふつとさせる和室もあります。雰囲気が最高。

花。

火鉢もあります。

インド風カレー

カレーライスとサラダ、ヨーグルトが付いてきます。

ごろっとしたチキンがとってもジューシー。
スパイス効いていて本格的な味、あとから辛さがくるタイプです。

ひとくち食べるともうひとくち、もうひとくち!
と、かなり病みつきになりそうなおいしさでした。

野菜カレー

ご飯が見えないほど野菜で埋め尽くされた野菜カレー。

色が鮮やかでとってもキレイ。食欲をそそられます。

野菜の中心にチャツネのような甘辛いカレーが乗っている、ちょっと珍しいタイプです。
カレーが濃厚でギュッとしてるので、ちょっとづつ付けて食べましょう。

まとめ

そこかしこに生花が置かれお客さんをもてなしてくれ、心がなごむ空間。

とっても雰囲気のある店なので、江戸川乱歩とか夢野久作みたいな本を持ち込んでじっくり読みたいと思いました。

店員さんは気さくで話やすいイイ人だし、カレーも美味だし、近くにあったら週3くらいは通いたいお店でした。

軽食・喫茶 アホロートル

店名 アホロートル
住所 大分県別府市楠町7-8
電話番号 0977-23-2876
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
駐車場 なし(近くにコインパーキングあり)

この記事を書いた人
泥ぬマコ

べっぷる編集長。フリーランスのライター・編集。夫・娘・犬と一緒に別府へ移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com