ラーメンワールドカップ2018開催!! 阿鼻叫喚の現場をリポート【eyanプレゼンツ】

2018年6月号で創刊12周年を迎えるのは、別府の超人気フリーペーパー「eyan(イーヤン)」。

エッジの効いた企画と、とんがり過ぎた編集長・河口氏による体当たりが名物のフリーペーパーです。おふざけの過ぎる「お悩み相談」を毎回楽しみにしている読者の方も多いでしょう。

今回、eyan創刊号にて特集した「ラーメンワールドカップ」の第二弾を開催するということで、急遽招集された我々べっぷる編集部。

別府で実際に購入できる袋麺で、どの組み合わせが最強かを競うんですよ」という企画内容を聞いた瞬間、イヤーな予感しかしませんでした。

なんでそんな企画を再びやるの……?そのまま食べればいいんじゃ……という言葉は、辛うじてこらえました。

総勢28種類の袋麺から最強コンビを選び出せ!

ズラリならんだ28種類もの袋麺、壮観です。

仕入れ先は別府市内の「マックスバリュー」「マルショク」「APU(立命館アジア太平洋大学)の生協」。

誰もが不安を抱える中、ラーメンワールドカップ開幕します!!

前回優勝!「サッポロ一番みそラーメン×マルタイ長浜ラーメン」

まずは初代チャンピオンコンビから。ご存知「サッポロ一番みそラーメン」と、九州では有名な「マルタイ長浜ラーメン」です。

筆者が関東に在住のころ、マルタイラーメンといえば「棒ラーメン」のイメージでしたが、九州だと袋めんも様々な種類が売られているんですね。

「12年前は長浜ラーメンのスープは粉末でしたけど、今回は液体になってますね!」と、どうでもいい情報を得意げに語るeyan編集長。

さすがは前回の覇者!とんこつ&みそは難なく絡まりあい、新たな旨さを醸し出しています。

一同共通して「おいしい」の評価。すでに発売されていてもおかしくない完成度です。

★べっぷる評価:100点中 79点

予測不可能な個性派コンビ「明星チャルメラあんかけラーメン×インドミー ソト味ラーメン」

絶対単品で食べたらおいしいだろうなーと思われる「明星チャルメラあんかけラーメン」と、味の予測が不可能な「インドミー ソト味ラーメン」。

インドネシアで絶大な人気を誇る「インドミー」ブランド。ソトとは、野菜や肉から作られるインドネシアのスープの名前です。

参照:Wikipedia│Soto (food)

馴染みの薄いインドネシアの味。開封すると、ライムのような酸味を含んだ匂いがあたりに漂い、恐怖すら感じる一同

この強烈な個性をもった麺に、あんかけのとろみが加わるの?不安は募るばかりです。

いざ食す段階になると、器を前に苦悶の表情を浮かべるeyan編集長。

コワイっす……」とつぶやいて、なかなか箸が伸びません。

が、ひと口頬張ると「思ったよりも悪くない。イケる!味はそんなに変じゃない」と、意外にも高評価が出ましたよ!匂いが強烈だっただけに、もっとヤバイ味を想像していたようです。

確かに、思ったよりは大丈夫!柑橘感が強すぎる気がしないでもないような。

「でもね、店で出したら怒られるレベル」との声に一同納得!

★べっぷる評価:100点中 21点

濃厚同士が奇跡を起こす!?「日清ラ王 担々麺×ハウスうまかっちゃん めんたいとんこつ濃厚仕立て」

日清ラ王 担々麺×ハウスうまかっちゃん めんたいとんこつ濃厚仕立て」の組み合わせ。

濃厚と濃厚が合わさったら、実は奇跡が起きるんじゃないかな?

スープの様子はイイ感じにおいしそう。めんたいのピンク色が食欲をそそります。

お湯を注いだ感じも、かなりイケてまっせ!!

しかし……期待して食した結果、惨敗!お互いの良い持ち味を打ち消しあい、生臭さを前面に押し出してしまう残念な感じでした。

スープの味もさることながら、麺が驚くほど混ざりあわずに反発。

辛みの効いたスープは悪くないものの、

めんたいこ、いらねぇ……

という感想が多く出ました。

★べっぷる評価:100点中 30点

ギラギラ光るド派手なルックス「マルタイ即席ラーメン これだ×宮崎美味HAJIME 宮崎辛麺」

べっぷる編集長・泥ぬマコが選んだのは、「マルタイラーメン」の「これだ」と、28種類中一番の高値だった「宮崎美味HAJIME 宮崎辛麺」の組み合わせ。

「これだ」というネーミングセンスにシビれ、“一番の高値”という情報にやられ、俗物感丸出しで選びました

お湯を注ぐ前も後も、かなり期待が持てそうなルックス。ネギに見えるニラの青みが食欲をそそります!!匂いも◎

麺は両者とも見分けがつかないほど似かよっています。

しかし……見た目からの落差が激しいっ!

結構辛くて刺激的ではあるものの、駄菓子っぽさというか安っぽさというか、B級感が半端なしザ・インスタント!という味わいでした。

もう少し本格的な味を期待していただけに、残念。

★べっぷる評価:100点中 37点

嫌な予感しかしない「セダップ ソトミーラーメン×明星チャルメラ バリカタ麺豚骨」

べっぷるカメラマン・宮川マロがチョイスしたのは、インドネシアで有名な「セダップ」の「ソトミーラーメン」と何やら硬派な雰囲気漂う「明星チャルメラ バリカタ麺豚骨」。

インドネシアの袋麺に豚骨味は危険すぎるのでは?誰もがその思いを秘めたまま、試合続行です。

「バリカタ麺豚骨」の麺は他のものと全く別物!

いわゆるインスタント麺とバリカタ麺と、鍋の中でまったく相容れない様子。すでに不安しかありません。

そして出ました!インドネシア袋麺に必須(?)の謎のオイル。この封をあけた途端、不穏なスメルがあたり一面に……!!

ほんのり薄緑のルックスが、不気味な静寂を醸し出しています。

またもeyan編集長、うなだれています。なんだかんだ言いながら、口に運ぼうとしません。

「これは……これはチョット……」元プロレスラーも、今回ばかりは弱気な発言が飛び出します。

eyan編集長、ひとくち食べてニヤリ。そしてポツリ。

失礼な味ですね

それは一体どういうこと?と、思ったものの食べて納得!

これは混ぜるな危険レベルでした。酸味が強いソトミーラーメンと濃厚な豚骨の戦いが勃発!両者歩み寄ることも混ざり合うこともなく、想像を絶する後味の悪さを生み出しています。

水をガブ飲みしています。その気持ちが、痛いほどわかりました。

お~い、水!と叫びたくなる、そんなお味です。……察してください!

★べっぷる評価:100点中 7点

大人気麺のコラボは優勝候補「日清ラ王 豚骨ストレート×マルちゃん正麺 味噌味」

eyan編集長が、ウケも笑いも狙わず本気で選んだ大本命。一世を風靡した現代袋麺の二大巨頭「ラ王」と「マルちゃん正麺」の競演です!これはマジで、優勝候補一番手!!!

やはり二大巨頭、麺にもこだわりがありそうですね。しかし太麺×細麺と種類がわかれました。大丈夫かな……?

見た目はオーソドックスな感じ。匂いもおいしそうですよ!!

「これはイケそうですね!」と、嬉々として食べ始めたeyan編集長。

無言で食べ続けます。

「太麺と細麺が混ざってるのは、結構いい感じなんですよ。変な味とかはないですね。」

「でも……期待したほどでも、ない、かなぁ?」と歯切れの悪い様子。

なるほど、食べてみると悪くないものの、どこかぼんやりした味でパンチがありません。それぞれは多分オイシイのに、良さを消しちゃってる感じでしょうか。

★べっぷる評価:100点中 69点

まとめ

というワケで、優勝は初代チャンピオン「サッポロ一番みそラーメン×マルタイ長浜ラーメン」

最下位は「セダップ ソトミーラーメン×明星チャルメラ バリカタ麺豚骨」という結果になりました。

要するに、袋麺は単体で食べるのが正解失礼なのは味でなく、袋麺を混ぜて食べようとしたeyan編集長!!という、当たり前すぎる結論にたどり着いたのです。

第三回ラーメンワールドカップは絶対に辞退しようと心に決めた、べっぷる編集部一同でした。

おまけ

ラーメンワールドカップ閉幕から数日後、「いやー、あれから袋麺は怖くて食えてないっすね」と愚痴るeyan編集長。もーーーー!自業自得っす!!!

この記事を書いた人
泥ぬマコ

べっぷる編集長。フリーランスのライター・編集。夫・娘・犬と一緒に別府へ移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com