厚切り大ぶりで大満足!関あじ関サバだけじゃない「大和田鮨」の魅力

回っていないお寿司を食べたい……!

ムクムクと沸き起こった抑えきれない欲望を満たすべく「大和田鮨」に行ってきました。

関あじ・関さばを堪能できる「地魚にぎり」

大分県名物の関さば、関あじをいただける「地魚握り」。

別府には関あじ・関さばをいただけるお店がたくさんありますが、やはり値段は高い!

お寿司のセットとしてこの値段で食せるのは、かなりお得なのでは?

 

真ん中のふたつが関さば、関あじです!

嬉しい厚切り。新鮮でぶりっぶりの身は、普通のサバやアジより甘みがあります。

 

ふわっふわでタレの旨さが格別な穴子、ぷりんぷりんな生えび、そしてねっとりうまいイカ!

鯛とはまち(?)は絶妙な弾力で、噛みしめるたびに口が海になりました!

 

煮ダコの太さったら!10円玉ほどの大きな足なのに、硬さはなくぎゅぎゅっとうまい!

旅行者にも大満足の一皿です。

(にぎりの他、細巻きがついてきますが、別皿だったので後ほど紹介します)

スタンダードな「おまかせにぎり」は至高

これぞ王道のお寿司!!!

あなご、いくら、うに、たまご、赤貝、鯛、エビ、イカ、中トローーーー!

まさに死角なし。

 

この赤貝がね、もうコリコリとまらんです。

たまごのね、優しさったらね、包まれます。

ウニね、本当に上質のウニってね、こういう味なんだなってね、ちょっと感動です。

 

地魚にぎり、おまかせにぎりにはそれぞれ細巻きが1/2ずつついてきます。

「ふたり分だから、仲良く食べてね−!」

と、運んできてくれたお姉さん。

穴きゅうとトロ、うんめえ、うんめえと食べました。

これは嬉しい!抜かりなしの「お子様にぎり」

みてください、お子様にぎり(1,100円)でこのクオリティ!

お子様狂喜のいくら、たまご、まぐろ、えびが勢揃いです。

いつもはのろのろとろとろ食べる小学3年生の娘が全力でがっつき、誰よりも早く食べ終わっていました。

回らないお寿司、すごい……!大将、さすが……!!

 

こぼれるいくらを「おっとっと」と言いながらおやじのように頬張り、ご機嫌は最高潮。

しかも帰り際、お菓子のおみやげまでもらって、もうすっかり「大和田鮨」のとりこになっている模様です。

皮はぎ生肝和え

せっかくなので、お寿司以外も少しだけ注文。

 

コリコリっと弾力あるかわはぎと、濃厚な生肝とポン酢、もみじおろしとネギでいただく逸品。

こんな最高なメニューってありますか?(いや、ない!!!!!!)

 

乾杯

邪道だろうがなんだろうが、ビールは外せません。

この冷蔵から出して、キンッキンに冷えたジョッキをご覧ください。

 

1杯目はジョッキで乾杯。

2杯目からは瓶ビールでキメるのが気分。

 

鮨にエビスビール、なんだこの贅沢は!けしからん!!!!!!!

お通し

お通しは、イカの醤油漬け。

 

食べる前は塩辛?と思いましたが……想像とは別物で、たまり漬けのようなイメージ。

ほのかに甘みがあって、いかがねっとり凝縮されています。

ひとくち……あら美味し。
ふたくち……ふむふむ、おいしい。
さんくち……ああもう箸がとまらない。

そんな幸せな小鉢でした。

まとめ

地元民から観光客まで、みんなに愛される「大和田鮨」。

鮨の味はもちろんのこと、大将をはじめとした板前さん、お姉さんの人柄があったかいのが魅力的。何度かお邪魔しているのですが、子供にも優しくて、気取らず楽しめるお店です。

「大和田鮨」情報

店内

正統派のお寿司屋さん。入り口からバーンとカウンターが続いています。

大将は忙しいとそっけないですが、時間があって話ができると、すっごくおちゃめでおもしろいですよ。

 

昼も夜も、とにかく混雑している人気店です。絶対に事前予約しておきましょう。

メニュー

情報

住所大分県別府市北浜1-1-3
電話番号0977-21-0263
営業時間11:30~14:00
16:00~21:00
定休日月曜日
駐車場あり

この記事を書いた人
泥ぬマコ

べっぷる編集長。ビーベップ編集長。フリーランスのライター・編集。夫・娘・犬と一緒に別府へ移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com

いいね!が増えたら…
嬉し泣きします
いつもありがとうございます!
スポンサーリンク
べっぷる│別府情報かけ流しサイト