「べっぷる」がリニューアル!イラストを画家の新宅和音さんに書いていただきました。

変わらぬ味と値段でひっそり営業中「だるま食堂」

流川通りを通るたび、気になっていたお店「だるま食堂」。よし、行こう!とお店に足を運ぶと、いつもタイミング悪く閉まっていたんですが、この日はのれんが出ていました!

 

常連客しか受け付けません!というバリアのようなものが漂っており、まずは軽く躊躇しました。

あれ?お店ののれんに近寄ってよく見てみると……

 

フランケンシュタイン並みのつぎはぎの跡!ううううう!!ますます入りづらい……。

が、いかねばならぬ!意を決して扉をあけました。

 

全体的に濃い茶色!食器棚とビールケース、ビニールの床キターーーーー!

 

そして小上がり、折りたためるテーブル、しんなりした座布団!!!

 

たまらん雰囲気に大興奮っっっ!!!!!

 

「こんにちはー」との筆者の声に、奥から笑顔のおばちゃんが登場しました。

定食

まず驚くのは価格帯。え、え?コレで本当にいいの?安すぎませんか???

そして気になる、メニュー「定食」。定食ってなんですか?って聞きますよね?すると、すっごい優しい笑顔でメニューを教えてもらえちゃうんです。

 

定食の内容はとり天、とんかつ、コロッケ、いも天、野菜天、玉子焼き、トマト、千切りきゃべつ、そしてごはんとお味噌汁

 

特にコロッケ、もうめっちゃイイ!昔ながらの懐かしい味で、じゃがいもたっぷり、人参やひき肉も入ってるぅぅぅぅ!!!!

 

お肉も野菜もモリモリの大盛大サービス!これで550円です。本当です。

 

出すの忘れちゃってたわ、ごめんね!」と半分以上食べてからお漬物も出てきました。

 

たくあんの下から現れたのは、「だるま」の文字。若干「だろま」になっているところにロマンを感じますね。

 

でっかいお茶碗(どんぶり?)にも、「だるま」の文字!昔は出前などもやっていたようです。

ラーメン

豚骨スープのラーメンです。ネギ、ゴマ、チャーシューとシンプルながら、しっかり味があるのにあっさりしていて食べやすーい!

 

がっつり油ギトギト系ラーメンが苦手な筆者には、ちょうどよい塩梅。ペロリとたいらげてしまいました。

 

はい、出ました「だるま」!この手書き文字感がたまりません!!!

 

ほかにもハヤシライスやカレーライス、親子丼やかつ丼、うどん、ラーメンに冷麺にそうめん。幅広いメニュー展開です。

「おかず」というメニューは……なんだろう、定食のごはんなしバージョンかな?

時の流れが止まった場所

なつかしさしか感じないテーブルと、花瓶の造花にグっときます。

 

黒がしょうゆ、赤がソース(書いてないので迷う)!

 

20年前から変わらない価格設定の「だるま食堂」。ご主人亡きあと、お母さんひとりで切り盛りしています。

 

「病気がちだからね、体がなまらないように趣味で店をやっているようなものなんよ。儲けなんかほとんどなくてね、むしろ赤字なのよー」。とほほえむおばちゃん。

 

お客さんがたくさん来ると対応が大変だわーと、心配されていました。

 

もしも店内が混雑していたら、雑誌や新聞を読んで気長に待ちましょう。

ひと昔前の雑誌を眺めるのも楽しみのひとつ!!!

まとめ

すべてが茶色に変色した店内で、ほぼ500円前後のメニューをいただきまーす!

 

優しいおばちゃんの笑顔と、あったか~いお茶と、新聞と、テレビと。アナログ時代をしみじみと体感できる、ずーっと大切にしたいお店です。

「だるま食堂」情報

住所 大分県別府市青山町1-4
電話番号0977-23-2488
営業時間10:00~14:00
定休日日・祝祭日、不定休
駐車場なし

この記事を書いた人
泥ぬマコ

べっぷる編集長。ビーベップ編集長。フリーランスのライター・編集。夫・娘・犬と一緒に別府へ移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました