「べっぷる」がリニューアル!イラストを画家の新宅和音さんに書いていただきました。

猪や鹿の頭蓋骨がひしめく洞窟「白鹿権現(シシゴンゲン)」

大分県臼杵市にある、「白鹿権現(シシゴンゲン)」に行ってきました。

行き方

今回は、山の上にある鳥居をくぐって「白鹿権現」まで向かいます。

 

途中までは舗装された道を下ります。

 

途中から舗装がなくなり、ワイルドな獣道になってしまいました。倒木があったり、道幅が狭かったりするので気をつけましょう。

 

途中で熊野神社を通ります。

ちょっとただならぬ気配を感じました。

 

お参りして先に進みます。

 

手すりが完全に分離していました。

全体重を預けるのはやめましょう。

 

さらに下ると、「白鹿権現」の看板があります。

フォントが怖すぎます。

 

今回僕は山の上から下ってきましたが、下からも行ける模様。

下からのルートだとこんな感じです。

 

川です。今のうちになごんでおきましょう

 

下から行く道の方がメジャーなようです。すぐ看板が見えました。

白鹿権現に向かう道。

ごつごつした石の上を歩きます。

もはやどこが道なのかよくわからないです。

 

しばらく歩くと、一本の鎖が崖から垂れているのが見えました。

 

嘘だろ

 

これを登れって?

 

今日、サンダルなんだよ!?

 

 

 

 

 

かなり「ガチ」な急勾配の崖を50mくらい登ります

ちゃんとした靴、手袋などを準備して行くことを強くオススメします。

悪いことは言わないのでサンダルはやめといたほうがいいです。

 

(※途中まで妻と子供が一緒にいましたが、鎖で昇るのは危険すぎて待っててもらいました。つーか、体力に自信のない人はマジで命を落とす危険があるので、くれぐれも無理していかないようにしてください)

 

崖ゾーンを登りきると、達成感に包まれます。

しかし、その先につるつる岩ゾーン(鎖なし)があるので、登りきったからって油断しない方がいいです。

骨がすごい

到着しました。

石塔が建っていて、その後ろに洞窟があります。

 

足元に骨が落ちていました。

 

洞窟の入り口です。

こんなに入りづらい入り口は初めてでした。

 

頭蓋骨が盛られてます。

 

骨。

 

骨。

 

骨。

 

骨のオンパレードです。

怖いです

 

洞窟内には小さな祠(ほこら)?がふたつありました。

 

向かって左側の祠。

 

そして向かって右側の祠がコチラ。

 

骨で道みたいになっています。

 

壁のように積み重ねられた骨たち。それにしても量が多すぎるだろ…

白鹿権現とは

おびただしい数の骨が、なぜ「白鹿権現」にあるのか?

それは、猟師さんが仕留めた獲物の頭蓋をここに奉納し、豊猟を祈願するからだそうです。

 

獲物を仕留めた日付が書かれた頭蓋骨もあります。

まとめ

呪い的な怖さはありませんでしたが、洞窟内に風がヒューっと吹き込むだけでビクっとなるほど、とにかく怖かったです。

白鹿権現(シシゴンゲン)

住所大分県臼杵市野津町大字西神野

この記事を書いた人
宮川 マロ

カメラマンをしております。20代の大半はバックパッカーをしていました。放浪癖があります。30代男性です。よろしくお願いします。
https://www.instagram.com/malo_miyagawa/
旅手帳beppu←ここの写真も撮ってます
温泉ハイスタンダード←ここの写真も撮ってます

珍スポ
いいね!が増えたら…
嬉し泣きします
いつもありがとうございます!
スポンサーリンク
スポンサーリンク
べっぷる│別府情報かけ流しサイト
タイトルとURLをコピーしました