なにこの世界…未知との遭遇だらけ!驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」


別府公園のほど近く、「青山コーヒー舎」の隣にひっそりと店を構える「書肆ゲンシシャ」。書肆は「しょし」と読み、本屋・書店という意味です。


はたから見る限りでは、そこまで怪しげな様子もありません。

ところがところが!扉を開けたらそこは異空間。本当に別府ですか?と疑いたくなる異様で濃厚な雰囲気に包まれています。

「書肆ゲンシシャ」は一時間の読書+紅茶一杯で300円というギャラリー・古本屋さん。読んで気に入れば購入も可能です。

取り扱っているのは文芸書、学術書、画集、写真集、洋書、文庫、雑誌、直筆原稿、絵葉書、古写真など多種多様。

エロ、グロ、ナンセンスを掲げ、幻想、少女、戦争、狂気、発禁、シュール、フェチなど取りそろえるジャンルは多岐にわたります。

稀覯本がズラリと並べられ、どこもかしこも珍品だらけ。知っている人には垂涎モノのお宝がぎっしりです。

それでは、ここで膨大なコレクションのほんの一部をご紹介しましょう。

世界各国の「未知で珍奇なモノ」集結

見れば必ず「ぞわっとする時計」


始めにご紹介したいのは、大正時代の壁掛け時計です。鏡の中に、時計と美女の顔がありますね。

実はこれ、ゼンマイを巻いて時計を動かすと、予想外のことが起こるんです。

まずは、次の動画をご覧ください。

いかがでしょうか?
何が何だかわからない人は、美女の目に注目してもう一度観てみましょう。

どうですか?ぞわわわわっっっとしましたか?

時計と一緒に動く美女の視線、怖すぎてチビりそうです。
ゆっくりと視線が動き……「カチっ」という音とともに、瞳が高速でヒュンっと戻る瞬間、まさに鳥肌モノ。

誰が何の目的で作ったのか、すべては謎です。

入手先はインターネットらしいのですが、どんな検索ワードを使っているかは企業秘密で教えてもらえませんでした。

2017年6月現在はまだ動いているものの、いつ動かなくなるかわからないとのこと。実物を拝みたいなら、早めに見に行きましょう!

別府の珍土産から幻想的な現代アートまで

時計の他にも、見たことのない展示品がてんこ盛りです。


森の宝石、世界一美しい蝶といわれる「モルフォ蝶」の標本
とにかく輝きがスゴイ。キラッキラキラッキラ、この世のものとは思えません。


人骨ラッパ。人間の太ももの骨を使用して作られたラッパです。


別府土産「秘密の般若」
500円玉より一回り大きな普通の般若に見えますが……裏面はスゴイこと(※18禁)になっています。ムフフ。
今でも商店街で売られている現役土産らしいですよ。


現代作家ウチダリナさんによるオブジェ。
来た人がみんなスゴイと感心する、手の抜け殻のようなオブジェは、和紙で作られています。


「アレの絵」が描かれた襦袢(じゅばん)
よーーーく見てください。男女が仲睦まじくアレしている図案になっております。
そう、これは四十八手が描かれた珍しい襦袢なんです。ムフフフフ。


明治時代の別府の温泉地図
よく見ると、ところどころ縮尺がおかしいのも味ですね。貴重な地図らしく、大学関係の人が見に来ることもあるそうです。

死後写真、人魚のミイラ!?「希少写真」


普段の生活ではお目にかかれない、見ることもない、そんな分野があるのも知らないような写真がざっくざくです。

店内で展示中の「死後写真」


その昔、ヨーロッパでは家族が亡くなった後、生きているように見立てて写真を撮る習慣がありました。来店したヨーロッパ出身のお客さんは「家にも同じような写真がある」と言われることも多いそうです。



幼くして亡くなった子供たちの死後写真。


まるで生きているように、目を開けている写真もあります。
日本にはまずない習慣なので、不思議な感覚です。

100年くらい前の「LGBT写真」


その昔、今よりもっとLGBTに対する理解がなかった時代に撮られた、LGBTの人たちの写真もあります。


男性同士の結婚の様子。新郎役と新婦役に分かれています。


ゲイの男性3人の写真。みんなで手をつないで仲よさそうですね。


女性同士の結婚写真。新郎&新婦の衣装がハーフになっていてユニーク。


明治時代、日本人の女装家の男性です。この時代にこの格好で写真を撮るというのは、相当な困難があったんじゃないかなぁと想像できますよね。

明治・大正時代の「舞妓・芸子さん写真」


昭和32年、楽しそうにじゃれる舞妓さん。微笑ましいシーンです。


明治、大正時代の舞妓さん・芸子さんの写真。美人さんばかり!

観光地・別府の「温泉や観光スポットの写真・ポストカード」


別府土産として売られていたポストカード。今も昔も変わらぬ、お馴染み砂風呂の風景です。


別府にかつてあった「八幡地獄」のお土産のポストカード。
人魚のミイラ河童のミイラ件(くだん[妖怪])のミイラ鬼の骸骨など。ぜひ生で実物を見たかったーーー!なくなってしまったのが残念です。

その他、ここにはとても載せられないグロ写真やおもしろい春画なども多数。気になる人は、お店に足を運びましょう。

こんな世界観があったなんて!衝撃すぎる漫画たち

店主おすすめの「ヤバイ漫画」

数ある漫画の中から、選りすぐりの変態漫画をご紹介いただきました。



「美しき復讐」梵天太郎
作者は「刺青の彫師」兼「漫画家」という異色の人。表紙の色使いと絵がサイケで、一目見て普通じゃない感が漂います。


「みんな死んじまえ」川島のりかず
文字通り、なんと“みんな死ぬ”という衝撃の話。


「家幽霊」黒田みのる
かつては少女漫画家、後に新興宗教の教祖になる人の作品。


「アイドルが危ない」西川雅彦
往年のアイドルが×××されてしまう話。とても詳しくは説明できないので、気になる方は店主に聞いてください。


「迫真の美を求めて」安部慎一
当時、統合失調症だった著者による作品。

店に来たお客さんみんなが好きになる漫画


「地上最強の男 竜」風忍
ブッダとキリストが復活して戦う話。え?と目を疑うコマのオンパレードです。


「四丁目の夕日」山野一
最高にグロい漫画。詳細は書けません。店主の藤井さんも、思わず不適な笑みを浮かべてしまう内容です。

他にBLやレディコミ、少女漫画や普通の小説もあります。
普通の漫画喫茶には、まず置かれていないレア本ばかり。紅茶を飲みながら、じっくり堪能してください。

未知の世界をのぞき見できる写真集


入手困難な幻想写真集や、現代アート写真集、写真や珍本、レア本がこれでもかと出てきます。

死体などのグロ写真は、中央の展示ケースの下にありますので、見たい人は店主に声をかけましょう。

それでは、紹介できるグロくない写真集をどうぞ。(※虫注意)


「ネコはなぜ絵を描くか」
猫が画伯になって絵を描いている写真集


「VANIA」
ロシア生まれのアーティストによる、漫画のような、日本っぽいような不思議な美女たちの絵。幻想的でエロティック、そして過激なものある人気の画集です。


「SUPERSTITIO」DAMIEN HIRST
鮮やかな蝶の羽で作ったステンドグラスなど「死」をテーマにする作家の作品集。現代アーティストで人気No.1!


ヤン・ファーブル
あの「昆虫記」でお馴染み、ファーブルの子孫による作品集。昆虫の羽で様々なものを表現しています。虫をわんさか使用していますので、苦手な方は閲覧注意です。


「アウトサイダーアートの極致」
精神を病んでしまった人たちの作品集。得体の知れない強烈なインパクトで、目が離せません。


「THE WEDDING DRESS」
女性に人気の、「ウェディングドレスの歴史」が見られる写真集。美しいドレスにうっとりします。グロだけでなく、こんなキレイな写真集もあるんですよ!


「BUNNY」Polly Borland
イギリス人女性による現代アート写真集。POPなイメージかと思いきや、徐々におかしくなる感じ。グロくはないけど驚きの連続です。


全世界のぺニスの写真集
世界各国のペニスの歴史なども記されている他、全世界の男性のペニスがズラリ勢ぞろい。いろんな形、いろんな状態の息子さんたちが露わになっています。カバーのパンツを外すと……!?

他にも戦争写真、世界で初めてのヌード写真展のカタログなどなど、まだまだ蔵書はたっぷり。

好きなジャンルや見たいものを伝えれば、店主がお好みの写真集を見せてくれますよ。

「人が知らない」「価値観を変える」「幻想的」がキーワード


藤井さんがゲンシシャで取り扱うものの基準は、下記の3つ。

  • 人が知らないもの、世の中に知られていないもの、希少なもの、サブカルなもの
  • そのものを見て人の価値観を変えるもの
  • 幻想的、幻想文学的なもの (澁澤龍彦)

見たことがない、触れたことがないもの、そして今までの価値観がひっくり返ってしまうような驚くものを集めているそうです。

また、もともと好きだった“幻想的”というのも需要なカギになっています。

「普通の古本好き」が大学院での出会いをきっかけに開花


別府出身、小学校ではごく普通の少年だった藤井さん。学級委員を務めたこともあります。
父親が漫画好きだったため「アキラ」や「沈黙の艦隊」などを小さな頃から読んで育ちました。

中学・高校は寮生活で、ゲームやテレビは全く無縁の生活。そこで本や漫画を読み漁るようになったそうです。

大学入学を機に別府から上京すると、神保町を巡り歩いて古本集の日々の始まり。アート系のもの、幻想的なものが好きで、青山や銀座の画廊を巡るのも趣味でした。

「表象文化論」との出会い


大学では「表象文化論」を専攻し、大学院まで進みました。

「表象文化論」とは、演劇、映画、漫画などを研究するもので、1990年くらいから始まった比較的新しい学問です。

そこで、たくさんの“変な人”に出会うことになります。

プリキュアはなぜ戦うのか」を研究する人。
なぜ奇形(フリークス)に人は惹かれるのか」を研究する女性
卒塔婆コレクター」で、卒塔婆を持って渋谷を歩く人。
(卒塔婆とは、お墓で見かける妙な形の木片。経や梵字が書かれている)

などなど、強烈な趣味・個性を持つ人たちと出会い、つるむうちに、より普通とは違うものへの興味が深まったそうです。

27歳、フリークス(奇形)写真の衝撃

27歳くらいのとき、とある所で「フリークス(奇形)の写真セット」を見つけました。

その値段、なんと30万円

そんな写真があることも、その値段にも驚いた藤井さんは、それから写真も集めるようになりました。

そして衝撃の出会いから約2年、現在の「ゲンシシャ」をオープンしたのです。

「別府にありながら東京のような場所」を目指して

ゲンシシャに一歩足を踏み入れると、思わず別府であることを忘れてしまいます。

それもそのはず、「ゲンシシャ」は「別府にありながら東京のような場所」「日本全国からお客さんのくる店」を目指しているそうです。

話出したら止まらない店主の藤井さん。お喋りするためだけに来店する人も多いとか。

日本全国のエログロ、アングラを愛好する方々が集まり、藤井さんも知らない情報を交換することも珍しくありません。


最後に、澁澤龍彦の直筆原稿を見せてくれました。
こんなに貴重なものをどうやって手に入れたんでしょうか?その入手ルートは「秘密」とのこと。

まとめ

「ゲンシシャ」に来れば、必ず見たことのないモノに出会えるはず!あなたも一度、足を踏み入れてみませんか?

ソッチの世界にハマって抜け出せなくなっても自己責任でお願いします。

書肆ゲンシシャ

書肆ゲンシシャ
住所:大分県別府市青山町7-58-101
電話0977-85-7515
営業時間:12:00~19:00
定休日:水・木
駐車場:あり(1台)
HPhttp://www.genshisha.jp/index.html

泥ぬマコ

ライター・編集。引っ越し魔の夫と娘、犬と別府に移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com