声が漏れちゃう…地獄に挟まれた「極楽トイレ」へいらっしゃーい

名誉総裁賞受賞 別府銘菓「ざぼん漬」で有名な「南光物産」の卸問屋には、この世にいながら極楽体験ができる、至上のトイレがあるらしい……。

そんな噂を聞きつけて、半信半疑のままお店に潜入! 

ちなみに道路沿いには、「トイレあります」という内容の大きな看板があり、どうぞトイレ使ってくださいウェルカム!!!!!な空気がビシバシと伝わってまいります。

まじで“極楽”だった!トイレとは思えない浮遊感満載

ぱぁあああああああ!っとまばゆい地獄に極楽。

常に尿意を催しがち&病的な頻尿 という隠れスペックを持つ筆者ですが、こんなに声が漏れちゃうトイレは初めてです。

ちょうど同じときに来たお客さんも思わず「わぁっ」と歓声を上げていました。わかりますわかります、その気持ちめっちゃわかりますよ!!!

目にもまばゆく、美しい色のグラデーション

ぱーーーーと開けるような、そのまま天国へいけそうな、体が床から1㎝くらい浮いているような、そんなふわふわ感覚を味わえます。

「南光物産」は、ちょうど地獄と地獄の真ん中くらいに位置しているので、まさに地獄めぐりの途中の極楽トイレといえるんですね。

大分合同新聞の記事によると、監修はデザイナーの池田智子さんで、『癒しの空間』『母親の胎内』というイメージ作られているそうです。

とにかく社長の気合の入れっぷりがハンパなかったらしく、「このトイレ、本当にずーっと長いこと作ってましたよ」と店員さんが教えてくれました。

別府名物を(たぶん)一番安く買える店!

もちろん、ここはトイレだけではありません。というか、メインは売店です。

「南光物産」名物の『ざぼん漬け』をはじめ、『やせうませんべい』や『ブッセ』など、美味しいお菓子もたくさんあります。

 

同じ建物にある工場内で作っているので、試食がめっちゃ充実しているのも嬉しいポイント!

これでもかこれでもかと、試食どうぞの大嵐!友達のおばあちゃんに「いいからどんどん食べなさい!」っておやつ攻めにあう感じに近いですね。

甘いの食べたらしょっぱいの、そしたらまた甘いの……なんて、試食ループにハマりそう。

商品を製造している様子も、ガラス越しに見学できます。「南光物産」以外の別府の特産品もすごく充実していて、他のどこで買うより安い!

なんだよココ、マジ極楽だよ!!!!!!

まとめ

というワケで、全力でおすすめできるスポットです。

このトイレの素晴らしさは、実際に見て、入って、使ってみないとわからない!!!!?
便座に腰掛けると、また違った極楽が見えちゃいます。

「南光物産」の情報

住所 大分県別府市大字鉄輪1284番地の2
電話番号 0977-66-4151
営業時間 9:00~17:00
定休日 なし ※お正月に3日程度お休みします
駐車場 あり
WEB http://zabon.shop/
トイレ 極楽トイレあり

この記事を書いた人
泥ぬマコ

べっぷる編集長。フリーランスのライター・編集。夫・娘・犬と一緒に別府へ移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com