トリコになる“ゴボ天うどん”をどうぞ「大鳴門」

国道10号線から九州横断道路をのぼって比較的すぐの場所に位置する「大鳴門」。
黒地に「さぬきうどん」「手打ち」の文字が目立つので、すぐに見つけられますよ。

雑誌などにもたびたび取り上げられる、別府の有名店です。

かけうどん+野菜天丼セット

曜日ごとに違うランチ限定の「うどん+どんぶりのセット」は税込650円と良心的!
うどんは「かけうどん」と冷たい「ぶっかけうどん」の2種類からお好きなものを選べます。
※2017年5月現在

水曜日のセットはうどん+野菜天丼です。

とにかく衣がさっくさく!天ぷらなのに軽くいけちゃう不思議さがある、と夫。
さつまいも天をひとくちいただきましたが、なるほど確かに、さくさくっと軽い感じでした。
衣が厚すぎないのがポイントでしょうか?うまーーーーい!

ゴボ天うどん

筆者が注文したのはゴボ天うどん。
看板メニューであり、人気メニューです。

揚げたてあつあつ、席に運ばれてきた時点でジュージュー音を立てています!

どんぶりいっぱいに広がるゴボ天、ボリューミーです。
箸で持った感じだけで「あ、これサクサクだ」と感じました。

ゴボウの風味がわーーーーっと口に広がって、うまいうまいうまいっ!
汁の上で、徐々にふやけていく過程も楽しみのひとつです。

さすが手打ちうどん、太くてしこしこ、歯ごたえがたまりません。
やわっこいうどんも美味しいけれど、なかなか噛めない硬派な麺もイイですよね。

お好みで、七味の代わりに柚子胡椒をどうぞ。
少しピリっとしたアクセントになって、箸がとまりませーん。

えび天丼セット

こちらはえび天丼セット。大きなえび2本、しいたけ、きぬさや、さつまいもが乗っています。

やはりサックサクの衣で重たくないのが特徴。いい具合に甘いタレで、ご飯がどんどん進む進むーー!

箸休めのお新香が、パリパリっとした浅漬けで最高。お吸い物は、微かなゆずの香が上品で冷えた体にしみました。

とり天セット

「大鳴門のとり天は別府イチ」と言っている人もいたので、気になっていた「とり天」。

サクサクっ、ふわっと、口に入れたらとろけるような軽くて不思議なとり天!これは……ファンが多いのも納得です。

ひとつずつが大きいのに、いくつでも食べられちゃいそうで、ある意味危険!食べ過ぎ注意ですよ!!

落ち着いた和の内装

敷席とテーブル席がある店内。
テーブル席には、おそらく近所のサラリーマンらしき人達が入れ替わり立ち代わり出入りしていました。

座敷席には、中国や韓国の観光客が多い印象。
おそらく向こうのガイド本で紹介されているのでしょう。

お昼時も終わりの頃でしたが、満席に近い状態でした。

店の看板にもありましたが「大鳴門」ではうなぎもいただけます。

カバーのない扇風機がありました。
掃除しやすくするための工夫でしょうか?
店内は混雑していてもすごく清潔で、気持ち良い空間でした。

まとめ

地元の人も観光客もたくさんの人が訪れる人気店は、やっぱり美味しいお店でした!
お昼時は混雑するので、時間に余裕を持っていきましょう。

大鳴門

店名 大鳴門
住所 大分県別府市春木5-2
電話番号 0977-23-4578
営業時間 11:00~20:30(L.O.20:00)
定休日 第1、3木曜日、不定休あり
駐車場 あり

この記事を書いた人
泥ぬマコ

べっぷる編集長。フリーランスのライター・編集。夫・娘・犬と一緒に別府へ移住してきました。PR記事や取材記事、キャッチコピーや企画・構成・編集も請け負っています。
ブログ→泥ろぐ http://doronumako.com